天晴データネット

採用情報

仕事内容紹介

システム開発

銀行系システム

仕事内容

私たちの仕事は、お客様からの要望をヒアリングしどう実現するかを提案することから始まります。その後、設計→プログラム→テストという流れで開発が進んでいきます。銀行系の開発では、バグを混入させないよう正確で緻密な作業を求められることが特徴です。
私たちは「人はミスをするもの」ということを前提とし、複数人で確認し合うことを重視しています。決してバグを誰か一人の責任にはしません。
利息計算などの重要な機能は計算結果を複数人で繰り返し確認するなど、細心の注意を払っています。このようにチームで協力し合ってシステムを開発することで、初めてお客様に安心して使って頂けるシステムを提供することができるのです。

技術内容

実店舗を持たないネット専業銀行のシステム開発を行っています。 ネット銀行は、時間や場所を選ばずにネット上で取引を完結できる便利さから、ネットショッピングやオークションだけでなく、スマホ決済などのキャッシュレス決済との連携等の幅広い用途で使われています。
これらのサービスを提供するためネット銀行では、高機能なサーバを導入することで高速なレスポンスを実現し、システムを二重化、三重化することで24時間365日、止まらないシステムを構築しています。
また他システムとの連携が多いのがネット銀行の特徴で、キャッシュレス決済の普及に伴い、今まで以上に他システムと連携する機能の開発が今後増えていくと考えられます。

使用しているプログラミング言語・ツール

言語:C言語、Oracle、JavaScript、HTML

保険系システム

仕事内容

会社創立以来約20年間にわたり、保険業界大手の生保会社にて新規開発、保守開発を継続させて頂いており、保険業務の中でも中枢を担う以下のように幅広い分野を担当しています。
・お客さまへの保障内容提案
・申込手続き
・保全手続き(住所変更や名義変更手続き等)
お客さまの要望にお応えするため、ユーザーだけでなく保険を契約されているお客さまにとって何が最適かをユーザー部門と議論しながら開発しています。
福井にいながら東京のお客さまと仕事ができ、若手社員も最前線で活躍できます。

技術内容

生命保険会社の生命保険を販売するためのシステムを開発しています。
営業員、代理店が使用するタブレット端末上で動作するシステムを開発しており、多様化する端末、OS、ブラウザに対するマルチデバイス対応も行っています。 ユーザーが使いやすいシステムを構築するため、即時決済などの技術として「IoT」やお客さまの情報をもとに最適な保障内容を自動算出するための「AI」などの先進技術も導入しています。
今後は事務業務効率化のために「RPA」を活用した開発も行う予定です。

使用しているプログラミング言語・ツール

言語:Java、JSP、JavaScript、HTML
ツール:Eclipse、imageWareFromManager
自社開発 海外共同開発

IoT

仕事内容

日本とフィリピンで共同開発しているのが特徴です。
開発はフィリピン主体で行い、進捗管理や品質管理を日本で行っています。このように作業を分担しています。
我々が開発したシステムは、ベースの「iBMS」をもとに、「iBMS for Hotel」や「iBMS for Restaurant」といった業態別のシリーズに派生します。
IoTデバイスを監視・管理して、各業態に特化したサービスを作り上げます。
システムの提案、システムの導入、IoTデバイスの設置、システムの運用を行い、お客様に快適かつ安全なサービスを提供していくことが我々の仕事です。

技術内容

モノとインターネットをつなげる技術「IoT」を使用したIoTプラットフォーム「iBMS」を構築しています。
他社製IoTデバイスと当社オンプレミスサーバーやクラウドを、LoRaWAN等の様々なプロトコルで接続することで実現しています。
現在の主な提供先は宿泊施設やレストランになります。
一方で、iBMSは繋げるデバイスをお客様のニーズに合わせてカスタマイズできるため、汎用性の高さが特長です。
その特長の元、現在進行形で医療福祉施設や無人店舗販売向けなどiBMSはさらに拡大し、圧倒的な多様性を実現しています。

使用しているプログラミング言語・ツール

言語:PHP、Laravel、Node.js、Vue.js、C++

RPA

仕事内容

RPAの具体的な仕事内容として、
・自動化したい業務のフロー理解
・RPAツール(Kofax Kapow)に登録するシナリオの作成
・RPAツール(Kofax Kapow)にシナリオを登録
・正しく動くかの動作チェック
・操作方法の説明
・操作方法のマニュアル作成
などが挙げられます。 RPAツールを使って開発を行うので、RPAの組み立て方が理解出来れば、プログラミングのスキルがなくてもロボットを作成することが出来ます。

技術内容

RPAとは、「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略で、簡単に説明すると「事務作業など、単純だけど面倒な業務は、ロボットを使って自動化しましょう!」という内容です。
ロボットと聞くと、工場で使われているような物理的な機械のロボットを思い浮かべる方もいるかと思いますが、RPAのロボットはパソコンの中で、人に代わって業務を行う存在と考えてください。
少子高齢化に伴い、労働人口が年々減少(高齢化社会)している中で、RPAは「新たな労働力」として期待されています。

使用しているプログラミング言語・ツール

ツール:Kofax Kapow

ブロックチェーン

仕事内容

ブロックチェーンを利用した、暗号通貨による決済システムを開発しています。
現金決済の文化が強い国・地域へ導入し、健全性が確保された電子決済を提供します。

技術内容

ブロックチェーンとは、暗号資産(ビットコインなど)の取引を記録する分散型台帳技術のことです。
法定通貨(円、ドルなど)と連動した暗号通貨を発行し、取引履歴をブロックチェーンに記録します。
ブロックチェーンに記録されたデータは改ざんが不可能なため、信頼性の高い取引が可能になります。

使用しているプログラミング言語・ツール

言語:Java、C++

先輩社員メッセージ

舟田 伸也さん(部長)
福井大学 知能システム工学科  2004年入社

■担当業務

プロジェクトマネージャーとして、インターネットバンキングのシステム開発に携わっています。私が担当しているプロジェクトは、24時間稼働しているシステムのため、システムを止めないよう細心の注意を払って取り組んでいます。また、日々状況の変化する中、より良いシステムを提供するためにはどうすれば良いか。プロジェクトが円滑に進むようPDCAサイクルを回しています。

■現場の雰囲気

基本設計、詳細設計はお客さま先に常駐しているSEが担当。製造工程は、福井ニアショア拠点の技術に特化したSEが担当と開発拠点が異なりますが、社員同士がプロジェクトを成功に導こうと遂行しています。社員1人1人の仕事の成果を認め合い、意見を尊重し合うことが出来る雰囲気です。
立田 智裕さん
福井大学 工学部 情報・メディア工学科  2017年入社

■担当業務

現在は保険系システムのクラウド移行案件を担当しています。
新しい技術が必要とされる領域で仕事を任せてもらっており、自分の成長を感じられる毎日です。
これまでも保険系システムの再構築やスマホアプリ開発に携わっており、保険系だけに限ったことではないですが、システムに関する知識だけでなく業界に関する知識も身に付けられるということろに面白さを感じています。

■仕事でのエピソード

研修後に今の部署に配属され、約1か月後に200ページにも及ぶ内部設計書の作成をした経験があり、最初は何を作っているんだろうと自分でもよくわからない部分がありました。
先輩や上司にご指導いただいてサポートしてもらったことで無事完成し、しっかりと指導・サポートしてくれる環境があるということに感謝を感じました。

■今後の目標

現在、自分もメンバの指導やサポートをする立場になり、メンバが仕事をしやすい環境となるように努めています。 その中でメンバの成長を感じられる瞬間があり、そこにやりがいを感じています。 今後の目標は笑顔で楽しく仕事をしながら成果を作れるようにメンバを導ける上司になることです。
田嶋 日向子さん
福井県立大学 経済学部  2020年入社

■担当業務

銀行業務システムの開発・保守を担当しています。
お客様の必要としているものをいかに実現していくか、課題となる部分はお客様に確認しながら責任感を持って設計・開発を進めています。
銀行業務システムの様々な機能の開発に携わる機会があり、学べることが多くとても面白いと感じています。

■仕事でのエピソード

入社するまでプログラミング経験がなく、右も左も分からない状態でしたが、プログラム作成を行う機会を多く頂いたことや先輩方の手厚いサポートもあり、自身で設計を行い開発を進めることができるようになりました。
業務知識についても仕事をする中で学ぶことができ、以前よりも出来ることが増えて成長できていると実感しています。

■今後の目標

品質の高いシステムをお客様に提供できるよう、今後も学び続け知識・技術を身に付けていきます。また、将来的にはメンバのサポートを行い頼られる存在になれるよう頑張ります。
新人教育担当

新人研修の合間にランチ会で親睦を深めます。

■担当業務

教育担当として、教育全般を担当しています。
天晴の新人教育は、合同教育を実施しています。
プログラミング言語、データベース基礎などの技術的なスキルや知識はもちろんのこと、実務を行うベースとなるプロジェクト教育基礎や、ビジネスマナーなどを教育カリキュラムとしています。

■教育で力を入れていること

初心者の方には、プログラミングの楽しさを知って頂けるように心がけています。また、大学などで専門に学習された方には、さらにスキルアップを目指して頂けるように工夫しています。 プロジェクトで経験を積んだ社員が講師となりますので、市販のテキストには書かれていない「実務ならでは」のテクニックも、こっそりお教えします。

■応援メッセージ

失敗を怖がらないでください。教育期間中はどんどんチャレンジしてください。失敗からはたくさんの事が学べます。たくさん失敗してたくさん学んでください。

教育制度

新入社員教育

4月

パソコン教育

パソコンの基本操作、エディタやExcelの基本操作

コンピュータの動作原理、キータイプに慣れる

言語教育

フローチャートの考え方、書き方

プログラミング言語Java、天晴流の規約・べからず集

5月

サービス開発教育

データベースの動作原理

データベースの入出力方法

実践教育

天晴流開発手順

社会人基本行動

6月

プロジェクト教育

部門別業務スキル(銀行・保険・物流)、OJT

プログラム初心者の方も大丈夫!

自社カリキュラムによる教育で、専任講師が分かるまで教えます。

社内教育

Power Study

社内勉強会

社内の勉強会。

全20カリキュラムを社内でテキストにまとめ、月に一度全員が受講。総合計5,000時間におよぶ投資。

Power License

資格取得支援

情報処理技術者試験などの資格取得をバックアップする制度。

社内委員会による教材サポート。
取得費用・一時金・資格手当といった金銭的負担。

Power Examination

社内試験

年2回の社内試験、天晴の必要スキルを出題。

ランキング発表、上位者表彰。

Power Seminar

社外活動

社外セミナーへの参加支援。

受講費用の負担、学習結果の社内発表機会を提供。

天晴ではこの4つのPowerを大切にしています。

教わる→学ぶ→発揮する→評価する→やる気。このサイクルを全社取組しています。

社内行事

社内行事

社内セミナー
わが社が創立から現在までの長い期間をかけて結集した、業務ノウハウや勘所を集約した「天晴スキル標準」というテキストを作成しています。
そして天晴品質の実践とシステム全体の最適化を考え抜けるSEを目指し、セミナーを行っております。
2年目成果発表会
創立記念日に行われる2年目社員による1年の成長発表会です。
入社したての新人達が1年後の自分をイメージできる機会にもなっています。
SEコンベンション
社員の研究成果発表会の場です。チームに分かれテーマを決定し、調査・研究・発表を行います。
発表内容も然ることながら、プレゼンテーション能力が問われる場でもあります。SEに必要な要素が凝縮された行事です。

社内レクレーション

社員旅行
社内親睦団体「クオーレ」が、目一杯遊ぶことを目的とし旅行を計画します。たくさん遊んで、社員同士の交流も深まります。
新人歓迎スポーツ大会
毎年、新人教育が終わり配属発表後、新人歓迎会を兼ねて、スポーツ大会を行います。
優勝チームには景品が出ることもあり、白熱した戦いが繰り広げられます。
創立記念パーティ
天晴の創立記念日は8/21。毎年この日の前後に1年を振り返りつつ、会社や社員の成長に乾杯します。
そして、また1年頑張っていこう!と誓うのです。
年末パーティ
"忘年会"ではなく、"年末パーティー"です。
日頃、社員を支えるご家族も招待し、1年の締めくくりとしています。楽しいひと時を過ごして頂きたいと、バンド演奏など様々な企画で盛り上げます。

よくある質問

採用関連

皆さんの疑問に社長が答えてくれました!

Q.SEの仕事で営業は無いのですか?

A.当社の仕事形態として現在、営業職というものはありません。あえて言うならばSE=システムエンジニア=セールスエンジニアであると言ってもいいでしょう。品質の高いソフトを納期どおりかつ自己アピールをしながら実施して行けば、自然と次の仕事は来ます。逆に一度でも失敗するとその信頼を回復するのに何年もかかることになります。口先では通用しない、技術で勝負をする世界です。

Q.全くコンピュータは知らないのですが、大丈夫ですか?

A.全く大丈夫です。教えます。

Q.入社前にある程度のコンピュータ知識は必要ですか?

A.知識はあるにこしたことはないです。カリキュラムも早く終えることができます。しかしながら、それで即、仕事ができるかというとそんなにプロの仕事は甘くありません。逆にプログラミングにおいて変な癖が身に付いてしまって、その癖を落とすのに苦労する事もあります。

Q.持っていると役に立つ資格、勉強を教えてください。

A.やはり情報処理技術者試験です。コンピュータの基本的な事柄を身につけるいいチャンスです。直接仕事には表立って役立ちませんが、受かる、受からないは関係なく奥深いSEになるためには勉強のいい機会だと考えます。

Q.経済に関する知識は必要になってきますか?

A.直接、プログラムだけを作るならばあまり必要ではありません。しかし、いいSEになるならば、広い知識が要求されます。なかでも経済知識はSEの基本的ないい、悪いを他社が見極めるときの指標になります。直接仕事にとらわれず、遊びを含めていろんな情報を身につける事が質の高いSEの近道です。

業務関連

Q.どのような開発言語を使われていますか?

A.プロジェクトによって変わります。開発システムが変わればそれを構成するハード及びソフトも変わります。当社はオープン系のシステム開発に特化していますので、指定のメーカやソフトを使用しなければならないというしがらみはありません。お客様に最適のシステムを安価に且つ効果を最大限に発揮できるものを提案する使命を持っています。
また、企業指針的には最新技術を常に取り入れていくことで、会社としての成長を図ろうと考えています。確かにこの方針は企業としてはリスクをかかえることであり、既存技術で生きるほうが当面の利益率は高くなるでしょうが、将来を見つめたときには、確実に勝者は我々であるという確信を持っています。

Q.パソコンに向かって黙々と仕事をするイメージですが雰囲気を教えてください。

A.おおざっぱに言って、仕事は設計段階、製造段階、テスト段階に分かれます。設計段階は顧客と打合せをすることが重要で喉が枯れるほどしゃべりつづける事が有ります。また、製造段階ではプログラミングですが、プログラムどうしインターフェイスが必ず発生するので一番会社としては賑やかな時かもしれません。また、テスト後半になると全員で問題を究明することがよく発生します。もちろん、黙々とやる場面もありますが、私は賑やかな雰囲気でやる仕事が大好きです。

Q.人と話す事が多いのでしょうか?

A.SEの能力としてコミュニケーション能力は評価基準の5割を占めると言っていいほど、仕事では人と話す事が多いです。

Q.チームで仕事を進めると聞きましたが分担はどのようにするのですか?

A.SEといってもいろいろなタイプがあって、業務系に強いSE、システム系に強いSE、マネジメントに特化したSEまどがあります。そのようなSEの能力を見極め、適切な仕事配置を実施して、ひとつのプロジェクトを成功に導く権限はプロジェクトリーダもしくはプロジェクトマネージャーと呼ばれる職制の人に有ります。もちろんそのSEがどのような方向に歩みたいかは上司との「OJT計画書」の中で決定していきます。

Q.一人で仕事ができるようになるのはどのくらいかかるのですか?

A.直接的に答えるならば、3年でしょう。しかしこの質問は深くとらえると、「一人でできる仕事」は存在しません。つまりどんなに小さいプロジェクト(例え一人のプロジェクト)であってもユーザが必ずおり、ユーザの手助け無しにシステムはできません。その意味では音楽に例えるならば、「ピアノ独奏」よりも「オーケストラ演奏」に近いかもしれませんね。

Q.ひとつのプロジェクトはどのぐらいの期間をかけるものですか?

A.短いもので2か月。平均的には1年。ビックプロジェクトになるものは2年、3年かかります。

Q.任せられる仕事に男女の差はありますか?

A.全くありません。条件を満たせばどしどしと重要な仕事がまかせられます。

Q.社名の由来は?

A.日本語読みをすると「あっぱれ」ですね。お客さまからシステム稼働時にそう言われて酒を飲むのがSE冥利につきるというものなのです。そのお酒をイメージしながら日々仕事をしています。また晴天の空の様に晴れやかに、清々しい気持ちで仕事に向かいたい気持ちからつけました。

福利厚生関連

Q.転勤や長期出張はありますか?

A.当社に福井県外の支社はないため、転勤はありません。しかし、金融系を得意とする当社のお客様は首都圏が大半です。システム開発の初期段階と最終段階では、目的を持って複数の社員で数か月出張することはあり得ます。この時の出張先での住居、旅費、および出張手当は全額会社が負担します。
人によっては出張をマイナスに捉える方もいますが、「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」と当社が掲げるように、若い時にはIT業界最先端の大都市で経験を重ね、結婚や子育て等のライフステージが変わった時には福井で落ち着いた環境の中で生活することは有意義だと考えます。
当社は首都圏の仕事を福井本社で行うことを推進しています。そのため、本社ビルのセキュリティルームを増築し、多くのお客様にご愛用頂いております。最近では、首都圏の過密化に伴い、福井での開発の割合が増加傾向にあります。近い将来には、ほとんど全て福井で開発出来ると確信しております。

Q.結婚・出産後働きつづけられますか?

A.大丈夫です。出産・育児休暇は一般的な内容通りです。結婚したからといって退職するのは会社にとっても明らかにデメリットです。実際に既に数名の女性社員が育児休暇を終え、元の職場に復帰して頑張ってくれています。これも、彼女らが若い時に技を磨いたことと、当社の福井中心で開発を推進している結果だと考えています。

Q.昇進の評価基準について聞かせてください。

A.SEの評価基準は大別すると2つあります。ひとつはテクニカル面、ひとつは資質面です。前者はコンピュータ関連の技術(データベース、ネットワーク、言語等)と業務設計能力を指し、後者はプロジェクト管理能力、顧客折衝能力、問題解決能力等が問われます。